ソーシャルグループワーク

ひだまり治療院池田です。

昨日、介護福祉士の中畑と、北区北部圏域地域包括支援センター見沼緑水苑・佐々木るい子地域支援コーディネーターが行った、地域住民の方々とのグループワークに参加してきました。

ボランティア活動を行っている方や、薬剤師の方から、地域の活動のご紹介の後、参加者全員で、地域に不足している活動、そして地域の方々が何ができるのか?というディスカッションが行われました。

ディスカッションの中には

「お隣さんがどのような方だかあまり知らない」

という声が出たり、

「コミュニティーバスが欲しい」

など、様々な意見が飛び交いました。

 

中には、「バスが欲しいと言っても、それは無理な話・・・」と諦めがちな声もあがりました。

私も、そのような意見がどのようなところに、どのような形で伝えればいいかわかりませんでした。

しかし、地域の人々が結束すれば、無理だと思っていたことが可能になりそうな、そんな力を感じました。

 

ひだまり治療院は、地域の方々と触れ合う仕事でもあります。

今後も地域の方々に、どのような形で恩返しできるか、考えて行動し続けたいと思います。2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>